IPMリーフヘナ

「ヘナって昔使ったことあるんですが、あまりいいイメージじゃなかった」
そんな方いらっしゃいませんか?

【ヘナについて】

ヘナ(ヘンナ)は、ミソハギ科の植物で学名はLawsonia inermis。日本では「指甲花(シコウカ)」または「ツマクレナイノキ」と呼ばれてきました。
インドでは古来から薬草として親しまれて、アーユルヴェーダ(伝承医学)の代表的なハーブとされています。
インド、北アフリカなどの乾燥した地域に育ち、木は高さ3~6メートルほどにまで成長、芳香のある白や薄紅色の花を咲かせるのもヘナの特徴です。
ヘナは多年生の植物なので秋の収穫時期には根元の株の部分を残し、そこから上を鎌で刈り取ります。株を残しておくと枝葉が伸びてきて、翌年も収穫することができます。
女性の親指の太さまである枝や幹を刈り取るのは大変力が要る仕事です。 ヘナは、学術的にはこのミソハギ科の植物を指しますが、ヘナを配合した天然原料の白髪染めの総称を「ヘナ」と呼ぶのが一般的です。

IPMのヘナはインドのラジャスタン州で、収穫されます。湿気を含む雨季を除き、収穫しています


【ヘナでどうして髪がそまるのでしょう?】

ヘナは草木染めと同じ仕組みで染まります。植物の色素で染めるので、優しい染め上がりです。ヘナの葉には、ローソンという赤色酵素色素が含まれています。ローソンはタンパク質に反応してからみつき発色する性質があります。人の髪はもちろん、肌や爪も染まります。 古来では、クレオパトラが爪に塗っておしゃれを楽しんだり、ウールで出来たペルシャ絨毯などの赤い染色にも使われてきました。 このローソンが、髪のキューティクルのすき間から浸透し、毛髪の97%を構成するケラチンというタンパク質(毛皮質)にアメ状に絡みつくことで髪が染まります。 ヘナの葉を乾燥・粉末にしたものをお湯に溶いて髪に塗ります。ヘナのみだと白髪はオレンジ色にしか染まりませんが、藍色の色素をもつインディゴ(ナンバンアイ葉)などを加えることで2種類の色素が重なり、濃いブラウンに染まるようになります

【なぜヘナが女性の強い味方になるのか】

髪は顔の額縁と呼ばれます。そんな額縁である【髪】は年齢と共にほとんどの人が少なくなっていきます。また近年では、女性の薄毛の進行が問題視されています。
そんな女性の薄毛の一因とされているヘアカラーや過度なヘアケア。身だしなみが髪を薄くさせるのです。天然ヘナを上手に使うことで女性ホルモンのバランスを整え、頭皮ケアがおこなえます。
身だしなみも整い、頭皮のケアも行える、こんなに素晴らしいものを使わない手はないのです。

髪の大切さ、薄毛予防をすべてのひとに