IPMインディゴ

【カラーだけではない、インディゴで頭スッキリ】

インディゴは藍染の原料として古くから使われていました。ヘナと混ぜて使うことでヘアカラーの調整を行いますが、インディゴの効果はカラーだけではなく、頭皮を清潔に保ち、髪に栄養を与える働きがあると言われています。髪にのせている時間によって、茶色から黒っぽい色まで白髪を染めることが出来ます。
インディゴは南インド、チェンナイで栽培しているナンバンアイの葉を使用しています。ナンバンアイは熱に弱い植物ですので、IPMではとてもデリケートな扱いで鮮度を保っています。

IPMインディゴのトリートメント&カラーリング効果

ヘナで白髪がオレンジ色に染まった部分にインディゴをのせると赤みを抑えるはたらきがります。インディゴはしっかり染まり色落ちもしにくいという利点があります。白髪染めの際にヘナやハーバルブレンド、スパイスアーマラキーと混ぜることで様々なカラーアレンジを楽しむことが出来ます。インディゴであまり黒っぽく染まらなかったという経験はありませんか?
インディゴは熱に弱い植物ですので、植物の質はもちろん、梱包までの工程で使用感が変わります。ipmのインディゴは最新の注意をはかり製品を仕上げていますので、染めた後の色落ちもほとんどありません。